ルフィーナに含まれる成分について

ニキビの原因となるメラニンの生成を抑える

ニキビ対策できるクリームとなるルフィーナは、主成分に小分子コラーゲンを含んでいます。

体内のコラーゲンは、年齢を重ねるにつれて体と肌の機能が低下するので、その影響で紫外線による乾燥を受けて減っていく成分となります。

けれども、ルフィーナに使われている小分子コラーゲンは、コラーゲンと違って細いので肌にきちんと浸透されることによって肌を保湿します。

他にも、ルフィーナにはシロキクラゲが含まれるので、シロキクラゲで肌を保湿して肌のバリア機能を高めることができます。

また、シロキクラゲは肌のバリア機能を高めてニキビを改善して予防するだけでなく、黒ずみを改善することもできます。

その上、シロキクラゲはヒアルロン酸より保湿力が高いので、乾燥肌を治すこともできる成分になります。

そして、シロキクラゲの保水力はヒアルロン酸より高いので、肌の保水能力が改善されることで肌に潤いが戻るようになります。

ルフィーナには、血行を促進させる効果を持つカモメラエキスが含まれるので、ニキビの原因となるメラニンの生成を抑えることができます。

使い続けることでニキビ跡も改善

さらに、ルフィーナに含まれるアマチャヅルエキスによって、肌に水分が浸透しやすい状態にしてくれます。

そのため、ルフィーナでニキビ対策を行うと肌に保水成分が行き渡りやすいので、使い続けることでニキビ跡も改善できるようになります。

ルフィーナに含まれている成分は植物由来の成分が多いので、肌荒れに悩まされずにニキビ対策を行うことが可能になります。

ルフィーナの口コミ情報